株式会社 dowonders

by まろ

タピる タピれば タピるとき

残暑お見舞い申し上げます。

🥤タピる

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

さて、タピオカの次にくるドリンクが予想される中、宮崎県はタピオカブーム真っ盛り。

次々にタピオカを扱うお店が増えています。

タピオカは以前から小さなブームはありましたが、数年前に初めてタピオカを飲んだ時には感じなかったトレンド感や、見た目のかわいさがブームを熱くし、今のタピオカの美味しさを引き立てているように思います。

私は今年初めて「美味しい‼✨」と思えるタピオカを食べることが出来ました。

(宮崎県高鍋町にあるあーchan家というお店が今年販売開始したタピオカです)

コンビニで買ったことのあるタピオカティーと比べると粒も大きめで食感が全然違いました!モッチモチ~。最近は容器のシールデザインを変えたそうなのでSNS用にもお腹を満足させる為にも、また行ってみたいと思います。

 

🥤タピれば

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

日本のこのタピオカブーム。SNS映えしすぎるカワイイデザインや店構えが男性には恥ずかしくて購入しにくいという現象もあったそうで、そこはデザインでさくっと解決。男性が手に持っても違和感のないシンプルな容器で販売したり、味も甘さ控えめなバリエーションが増えたり、タピオカ自体の存在が見えにくいように透明のタピオカにするという発想もありましたね。ターゲットを絞ることも大事ですが、幅広く浸透させる為にデザインやバリエーションを増やすこともブームを長続きさせる秘訣なのかもしれません。

以前のタピオカといえば、ミルクティーに入った黒いつぶつぶの入った台湾発祥の飲料ですが、今のタピオカドリンクは、タピオカの色や味も異なればドリンクの種類も様々。ミルクティーが飲めないという方、甘いものはちょっと、、という方にもお気に入りのタピオカドリンクがきっと見つかると思います。このブームの集大成のテーマパーク、東京タピオカランドも期間限定でオープンするので、まだ飲んでない、飲む機会が無いという方は乗っかってみてはいかがでしょうか。

 

🥤タピるとき

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

このブームの中、避けては通れないのがストロー問題です。

深刻化しているマイクロプラスチックによる海洋汚染問題で通常のドリンクを紙のストローや、竹のストローの開発が進んでいます。タピオカのストローは、通常のドリンクストローよりも太く紙のストローで飲んだ時に、途中からストローがふやけて、タピオカが吸えなくなってしまうというデメリットがあるのだそうです。コストもこれまでのストローよりも5倍以上かかるので、ただでさえ少しお高めのタピオカドリンクがより高価なものになると、ブームの要である女子高生達の購入意欲も下がる可能性があります。

 

💡捨てても害のない素材のストローを使う

 

💡使い捨てにしないマイ箸ならぬマイストローを持つ

 

💡ストローを使わないで飲める容器にこだわる…

 

コストも地球のことも考えながら、柔軟なあたまで、ブームが少しでも長持ちして美味しいタピオカが楽しめると良いですね😌

タピオカのことを書いていますがポッピングボバチーズティーのブームも早く宮崎に上陸しないかな~😋とその味に興味津々なスタッフまろでした。

TEL&Mail

※タップすると電話がかかります。
営業時間:10:00〜19:00
(電話受付時間:10:00〜18:00迄)