株式会社 dowonders

by まろ

清夏or盛夏

少し前からコンビニやスーパーで夏の限定パッケージが目に飛び込んでくるようになりましたね。仕事では、約一ヶ月ほど前から夏の御中元用のデザインを取り入れたものを毎日作成しています。季節でそのイメージを表現するとき視覚的にも分かりやすいのは季節ごとの風物詩ですが、色もとても大事です。

 

🏝四季をイメージする色

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

春はピンクや明るい黄色をおりまぜたパステルカラー。春を彩る花をモチーフにしたデザインも多いです。秋はオレンジや茶を取り入れたカラー。中秋の名月をイメージして夜の雰囲気で作るものもあります。冬は青緑や落ち着いた水色などの寒々しいカラーが多いですが、冬は時期的にクリスマスや正月用に赤&緑、紅白&ゴールドなど、イベント用のピンポイントなカラーを使ったりもします。

さて夏はどうでしょうか。御中元用のダイレクトメールやパンフレットのデザインには、風鈴やすだれ清流に淡い水色や白で表現した上品で繊細なイメージが多いように感じます。また、イベントや夏のバーゲンセールや視覚的に目立たせたい季節限定パッケージなどには、青空に真っ白な積乱雲、黄色の映える向日葵や緑深まる木々、ハイビスカスなどの濃い色の花、パキッとしたイメージが多いように感じます。このふたつのイメージから更にシンプルさや大人っぽさや高級感に枝分かれしていき色々なタイプの夏を表現します。

他の季節に比べて、与える印象が大きく二分に分かれるデザインが多いのが、夏ではないかと思うのです。夏らしいデザインにする時に、手に取る側にどういう印象を持たせたいか(例えば、夏を快適に過ごす清涼感を与えたいか、アクティブで元気な盛夏を連想してほしいか)クライアントがどちらのイメージをご希望か明確にして制作に取り組まなければなりません。上記のそれぞれのイメージにアースカラーやパステルカラーを組み合わせて、年代に応じて表現する方法もありますよね。さまざまな色の組み合わせで夏を楽しんでいただけるようなデザインの提案をしたいです。

 

🏊🏿青の思い出

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

そういえば、約二十年前、一人暮らしを始めた時に部屋のカラーを青系に統一にしたことがあるのを思い出しました。食器・カーテン・テーブル・棚などほとんどを青色にしましたが、鎮静効果や集中力を高める色とも言われているのでなるほど、予定のない休みの日には17時間以上眠ってしまうほどの効果はありました(笑)色によって体感温度も変わると言われています。暑い夏を少しでも涼しく過ごしたいという方は、爽やかな青色や水色を目につく場所に置いておくのを試してみてはいかがでしょうか。

TEL&Mail

※タップすると電話がかかります。
営業時間:10:00〜19:00
(電話受付時間:10:00〜18:00迄)