株式会社 dowonders

by まろ

気付く気遣い

💞お見舞い時の出来事

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

5月に足を怪我して入院した御年92才の祖母は、手術を経て現在も入院しリハビリ中。トイレに行くにも介助が必要な為、夜はおむつをつけて就寝します。出勤する前と退勤後にお見舞いをしているのですが、早く治って退院できるよう元気付ける為と、認知症が大幅に進行しないように毎日顔を見せて会話をするという事を日課にお見舞いしています。

入院が長引くと、病院で働くスタッフの仕事ぶりも見えてきます。患者さんに応じて声のトーンを変えて話しかけるスタッフもいれば呼び出しボタンをひっきりなしで押す患者さんへの絶妙な対応、なかなかお薬を飲まない患者さんに、飲ませる為の魔法の(?)ことば。その中で、先に書いたおむつの装着について気づいたことがありました。

毎日見舞っていると、勝手悪そうに祖母の顔が歪んでいる日がありました。どうやらおむつ交換後、入院着がねじれて突っ張っている状態でした。まだ自力で身体を起こしたり寝返りが打てない祖母は、ふとももにつっぱって食い込む入院着に不快な思いをしていました。服のつっぱりを正し、祖母もようやくゆっくり休める状態になりました。(祖母の呼び出しボタンはベッドの下に垂れ下がっている状態でした)

ここでもしお見舞いに誰も来なかったらと考えると…。

 

💞先を読み考える

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

恐らく、おむつを患者さんに履かせるという仕事がひとつあるとすれば、その仕事への向き合い方に個人差があるのでしょう。いくら忙しくとも、履かせたからOKなのか、履き心地とその先までチェックしてOKなのかということ。どちらも間違いではありません。しかし、後者は自分に与えられた仕事のその先の患者さんまでを考えた行動です。もし自分が当事者になった時、どうだろうと考えた人には、おむつを履かせるために一旦脱がせた入院着が、不快感無く着れているかまでを気遣うことが出来ているのです。今回のおむつ後の様子についてスタッフにはきちんと事情を説明しました。これで今回お願いした当直スタッフは患者さんひとりにかかる時間が長くなるかもしれません。しかし、それをすでに行動している当直スタッフが居るということは、それは無理なお願いではないということ。気付くことは相手の立場に立つことで、先を読み、行動できる気遣いだと思います。

自分に与えられた仕事をこなすだけ(自分のことのみ考えている)ではない、その先の相手や周りを思う気づかい。そこを考えるだけで、なぜそれをしないといけないのかという自分の行動の重要性も見えてきます。

 

 

💞気付きの共有

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

気が付いて先に行動することは、相手を甘やかすことでも、押し付けがましいことでもなく、きっと人間としてお互い様なのではないでしょうか。気づかなかった人には仕事が増えるような感覚を覚えるかもしれませんが、「こうすればもっと改善出来る」という気付く積み重ねは、共有することで当たり前になり、全体的に効率も質も良くなる可能性が高くなると思うのです。

実際、私にはまだまだ足りない行動だと自覚しています。より気付く人、気遣いをできる人を知っているからです。不覚にも今回の祖母の入院で気付くことができました。

TEL&Mail

※タップすると電話がかかります。
営業時間:10:00〜19:00
(電話受付時間:10:00〜18:00迄)