株式会社 dowonders

by まろ

花の魅力を仕事に活かす

子供の頃は花に全く興味の無かった人も、大人になり歳を重ねて、ある日ふと花に魅力を感じることがあるそうです。

今の時期、弊社のある宮崎は田植えの終わった田んぼの緑と色とりどりの紫陽花と、梅雨に入っても景色を鮮やかにしてくれています。紫陽花は開花時期も長く、花びらの色の変化も楽しめますし、咲ききっても花びらが散るということも無いので個人的には縁起の良いパワーを貰える花だと思っていました。調べると、色によってネガティブな花言葉とポジティブな花言葉があるそうです。子供の頃は濃い紫や濃いピンクの紫陽花を多く見ていましたが、今は真っ白な紫陽花や淡い紫、花の形も様々で贈り物としても人気が出てきたのではないでしょうか。

昨年、妹が母の日にプレゼントしたガク紫陽花の鉢植えは、挿し木で庭に植わり、今年は見事に花を咲かせています。

また、日南の方に行くとジャカランダが見頃だそうです。南米原産の世界産大花木のである青紫色の花を咲かせるジャカランダ。日本で唯一のジャカランダの群生林が日南で見ることができます。

(夜はライトアップもされているそうです。詳しくは観光にちなんの旅 日南市観光協会のページをご覧ください )

 

仕事では生花を扱うことはありませんが、デザインをするにあたり季節ごとに花のイメージ画像を扱うことがあります。依頼者のお住まいが東北地方の場合は、花の開花時期も遅れるので九州地方よりは時期をずらして使うことが多いです。年間を通して季節関係なく入れることもあります。御祝い用には、桜のイメージで華やかにしたり、紅白梅で縁起の良い色合いにしたり、最近は年号が変わり、日本を象徴する雅に菊の花を使う事も多くなりました。婚礼の御祝いには花束やブーケの素材を使うことがありますがお使いになられる方の年代等も考えてシックなもの華やかなものと用途を使い分けています。

花の指示が来た時に気をつけている事は、花びらの色と花言葉です。

紫陽花のようにネガティブな花言葉とポジティブな花言葉のある花があるので調べながら、何色の花が主流なのか自身で調べたり、顧客は何色の花をご希望されるのかを依頼者へ確認をとることも大事です。例えば、梅の花も紅梅と白梅があることと、桜の花もソメイヨシノや八重桜や枝垂れ桜など、花びらや咲き方の形状の確認が必要な場合があるのです。


一番には顧客がイメージする花の素材を探してレイアウトすること。調べる度に花の知識と一緒に、目に入ってくる素材にいつの間にか癒やされていることもあるので、時間を要しますが楽しい作業でもあります。花には人を魅了し、パワーを送り、癒やす力があると言われています。

より素敵にデザインに花を取り入れて、気に入っていただくお仕事をしていきたいです。

TEL&Mail

※タップすると電話がかかります。
営業時間:10:00〜19:00
(電話受付時間:10:00〜18:00迄)