株式会社 dowonders

by Shi

2色印刷用の画像データ制作について

デザインの制作で必ず通るかもしれない、通ってきたかもしれない「2色印刷」について。

今回は2色印刷のときに使用する画像加工データの作成方法について説明したいと思います。

カラー印刷は4色、モノクロは1色、その間に2色・3色といった印刷方法があります。最近ではカラー印刷とモノクロ印刷のどちらかという感じになってきていますが、懐かしいという人もいれば新鮮という方もいらっしゃるかもしれませんし、他のやり方があると言う方もいらっしゃると思いますが、今回は一般的(かもしれない)な画像加工データ作成について説明したいと思います。

画像のカラー次第では色々なバリエーションで加工しなければなりませんが、今回は一択にしたいと思います(簡単で便利)。画像編集ソフトPhotoshopを使用した画像加工データの作成方法です。

シアンとマゼンタの2色刷り用の画像加工データを制作したいと思います。

まずはPhotoshopで開いた画像を4色に変更します(CMYKカラー)。メニューバーのウィンドウからチャンネルウィンドウを開きます。そうするとCMYK・シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの色分解されたパネルが5つ現れます。

パネルの横に目のマークがあり、そのマークを付けたり・消したりすると分解された色の個別表示が行えます。CMYKパネルの目のマークを付けると全体のイメージが表示されます。CMYKのパネルはそのままで、他の4色を見て行きましょう。

とりあえずイエロー部分の画像を選択して消去、イエローのパネルはそのままにしておきます。それでとりあえずイエローが消えたので3色になりました。今回はシアンとマゼンタの2色印刷用の画像データにしたいので、ブラックもイエローと同じ作業で消去します。パネルもイエローと同じでそのまま残します。

そうするとシアンとマゼンタのパネル内に画像が残り、2色になりました。CMYKのパネルには、シアンとマゼンタの2色掛け合わせたデータが映ってると思います。これであとはカラー調整を適度に行って完成です。

この方法は注意するところがあり、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックのパネルをどれか1つでも消去してしまうと、CMYKのパネルも一緒に消えてしまいますのでご注意してください。

あくまで今回は印刷用に画像加工を行ったデータの作成方法です。実際に、特色・カラー等の掛け合わせで画像を2色印刷した場合は、色の組み合わせによってはイメージと異なる結果が出てくる場合がありますのでご了承ください。

TEL&Mail

※タップすると電話がかかります。
営業時間:10:00〜19:00
(電話受付時間:10:00〜18:00迄)