株式会社 dowonders

by まろ

エディブルフラワー

ラジオから流れてきた”ナントカフラワー”がうまく聞き取れず、スマホで「食べる 花」で画像検索しました。濃いピンクに黄色に紫…とても彩り豊かな花の画像が出てきました。エディブルフラワーというそうです。こんなに鮮やかな花を食べることができるの!?花の栄養ってそもそもどれぐらいあるの?そんな疑問が湧いてきたので、我が家の食卓にもいつか出るよう、自家栽培を視野に入れてご紹介したいと思います。

 

🌼エディブルフラワーとは?

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

桜の花びらや、花オクラは食べたことはあります。これらもエディブルフラワー?と思いましたが、どうやら違うようです。エディブルフラワーとは、元々観賞用の中で食べることができる種類の花を、農林水産省のガイドラインに基づき食用として安全に栽培され安心して食べることができる食用花です。(参考文章:エディブルフラワー専門店HanaLabo(ハナラボ))

そういえば、スーパーの刺し身に添えられているプラスチックの菊は食用菊の模造品で、日本では江戸時代から食用菊は作られていたとか。日本の伝統的なエディブルフラワーということですね。料亭でお刺身に添えられている食用菊は食べたことがなく、あくまで飾りで食べて良いものか分からなかったので本物の菊の花が乗っていたら花びらだけちぎり、醤油の中に入れてお刺身と一緒にいただいてみようと思います。

 

 

🌼エディブルフラワーの種類

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

道の駅や公園に植わっているパンジーやビオラ。あの花々が食用としても作られているとは知りませんでした。(公園や園芸用の花はあくまで観賞用で農薬がかかっていたり毒性が有る場合があるので要注意です!)ビオラなら我が家の小さな庭でも育てている植物ですが、そもそも虫を寄せ付ける為に色が付いていたり香りのある花を無農薬で虫を付けずに育てるのは難しそうですよね。家庭菜園でも栽培できるエディブルフラワーがあるとのこと、やはり観賞用の種や苗でなくエディブルフラワー専用の種や苗を使って、虫のつきにくい環境(室内など)で育てると安心だと思います。

 

 

🌼贈り物に生orドライ

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+

宮崎にもエディブルフラワーを料理に使っているお店があるそうですよ。また、ドライエディブルフラワーは、宮崎発の特産品にも使われているのでお土産にもいいですね。料理に添えられた色鮮やかな花は視覚的にもワクワクするでしょうし、食べることで香りや風味を楽しむことが出来て、更に写真映えも期待できます✨

私が記憶している花オクラは薄くて柔らかいのに対し、ラジオの中から聞こえてきたのは、まるでパプリカを生かじりしているような瑞々しい歯ごたえの音で驚きました。そんなエディブルフラワーは、ビタミンやミネラルなどの栄養素もバランス良く含まれているそうです。エディブルフラワーのおいしさと栄養を知るより引用)

色々調べていると、サラダカーネーションなるプレゼントアイテムを見つけたので、まだ少し先ですが、母の日の贈り物に候補に入れたいと思います。

TEL&Mail

※タップすると電話がかかります。
営業時間:10:00〜19:00
(電話受付時間:10:00〜18:00迄)