株式会社 dowonders

by mochi

年賀状の言葉


スタッフのmochiです。
11月に入っていよいよ年末ですね。そろそろ年賀状の準備を始める方も多いのではないでしょうか。
皆さん年賀状にどのような言葉を添えていますか?
あまり考えて入れていないかもしれませんが、言葉の意味を知っているとより思いのこもった年賀状ができると思います。
今回はちょっと早いですが、年賀状に載せる賀詞について紹介します!

賀詞とは

賀詞とは年賀状の冒頭に来るお祝いの言葉のことです。
年賀状に大きく『謹賀新年』や『賀正』など書かれていますよね。賀詞は言葉によって内容も、送れる相手も変わってきますので、送る相手に合わせて考えると良いでしょう。

『謹賀新年』なら安心!

謹賀新年という言葉の意味はご存知ですか?この言葉には「謹んで新年をお祝いいたします」という意味があります。「謹んで」という言葉には、かしこまって・礼儀正しくという意味があるので、謹賀新年は目上の方に送る年賀状にも使用出来る言葉です。
謹賀新年自体が「謹んで新年をお祝いいたします」という意味があるので、添える言葉には同じ文言を入れないほうがいいかもしれません。

謹賀新年と意味が似ている『賀正』は送る相手に注意!

賀正も謹賀新年と似ていて「お正月を祝う」という意味があるのですが、敬語の意味を含む言葉がないので目上の人には送らない方が良い言葉です。
親しい友人や後輩などには送っても良いかとは思いますが、その場合目上の方に送る年賀状とは別にしなければいけませんね。

春の訪れを喜ぶ『迎春』

迎春には「正月(春)を迎える」という意味があります。年賀状のデザインによっては、この言葉が合う場合もあると思います。賀正同様に敬語の意味を含む言葉がないので、目上の方には送らないようにご注意ください。

『HAPPY NEW YEAR』はAを入れない!

年末年始の挨拶としてHAPPY NEW YEAR!という言葉を入れたい場合はAをつけないようにご注意ください。たまにA HAPPY NEW YEAR!という表記の年賀状を見かけますが、Aは不必要なものなのだそうです。
うっかりAを入れないようにご注意を!

『新年あけましておめでとうございます。』はちょっと変な表現なので注意!

『あけましておめでとうございます』という言葉には、『旧年があけましておめでとうございます』という意味があります。旧年が明けて、新年を迎えることをお祝いする言葉なので、新年あけましておめでとうございますだと、新年が終わってしまったことになります。
使う人も多い表現なので「意味はわかるから良いんじゃない?」と思う方も多いかもしれませんが、誤解のない表現をしたいのであれば、新年はつけないほうが良いかもしれません。

以上定番の賀詞を紹介しました!
私もこれから年賀状を作成しないといけないので、どんな言葉が良いか考えながらデザインしていきたいと思います!

TEL&Mail

※タップすると電話がかかります。
営業時間:10:00〜19:00
(電話受付時間:10:00〜18:00迄)